天然資源とウェルカムボード

買い物をする際に、ここ数年のキーワードになっている「エコ」。
エコとついているとなんとなく、環境保護に協力している気持ちになり、
仕事でも家庭でも取り入れられるものは取り入れるように気を付けている。
先日も会社で運営する飲食店舗のウェルカムボードを選ぶ際に、
同じ価格でも天然資源を使用しているという文句で決めたということがあった。
他のメニューも再生紙をしようしたり、コンセプトにエコを加えることで、違う客層も取り込めそうだ。

オートセーブ機能=台所のつまり?

シェールガスが発見されて、新たな石油勢力地図が変わってきました。
日本でも発掘されたりしていますが、何ぶん国土が狭いので輸出国になるとはいかなそうです。
そんなシェールガスも問題があり、発掘国ではそれに伴う水が不足しているそうです。(多量の冷却水等)
普段、何気なく水を使っていますが、もしかしたら近いうちに価格が跳ね上がるかも。
そんな中、我が家の台所は優秀!オートセーブ機能のお陰で水を節約できています。。。
すいません、単なる台所つまりでした。。。

陥没乳首のショック

これは妊娠したとある女性から聞いたことです。
その女性は妊娠するまで陥没乳首のことを気にしたことがありませんでした。
妊娠をしてから、助産師や医師に陥没乳首の対策をしましょうと提案されたときに、
はじめて「これは大変だ!」と思ったそうです。
あたりまえに母乳で赤ちゃんを育てようと思っていたのに、それすら出来ない可能性もある…。
悩みながらマッサージや器具などを取り入れたのに効果はなく、
結局赤ちゃんの吸う力でなんとか母乳と粉ミルクを半々くらいにはできたそうですが…。
早く対策すればよかった…といってました。

自宅供養の話をきくにつけ

自分の周りではペットを飼っている人が多く、まさに家族のようです。
ペットを亡くした方の落ち込みようは、「ペットロス」という言葉では表現できないような気もします。
犬や猫、うさぎはどう考えても人間より寿命が短いので、供養は考えないといけない問題です。
それこそ人間と同じような、お別れの儀式が必要となってきますよね。
今では遺骨をペンダントや指輪に施したり、自宅供養の形式もさまざまです。
考えたくないとはいえ、少しでもダメージを減らせるようになればいいですよね。

アラブ男性も包茎手術

ドバイ在住の石油会社天然資源部勤務のKさん26歳。
Kさんは大学卒業後、石油会社勤務に勤務し、ドバイで勤務しています。
天然資源部に所属しており、毎日大忙しの日々です。
Kさんは、顧客のアラブ人男性から思わぬ内容を打ち明けられました。
「実は俺は、包茎の手術をしたんだ」
驚くKさん。
なぜ自分に打ち明けるのか、理解できていない状況でした。
その後アラブ男性は、「だから石油の買い取り料をUPしてくれ!ハハハ」といいました。
アラビアンジョーク??とハテナマークだったそうです。

天然資源とトイレのつまりは違う

水、石油、水産生物などが天然資源などと呼ばれていますが、
生きていく上で欠かせない資源です。
石油などは石油王などと言われ、世界的にもセレブの仲間入りするぐらいですからね。
こないだ、家のトイレが紙つまりが原因で溢れてしまいました。
トイレの水が漏れてきて一日中大掃除で大変でした。
石油が溢れるのとトイレの水が溢れるのでは随分大きな違いですよね(笑)
かたや石油王、かたやあたふたするだけ。
定期的なチェックは必要だなと感じました。

天然資源や水の有り難さと危険度、水道工事もリスクマネジメント

冬は光熱費が上がりますよね~?私が住む地域は、隣の町に比べて水道代も高く、
冬になるとストーブが手放せませんので、石油も必要だし、色々とお金がかかります。
でも、この生活に必要な資源が時として災難になる可能性もあると常々考えているので、
出掛ける前のチェックは欠かせません。
そのあたりのリスクマネジメントは今こそしっかりしないといけないですね。
先日近所に、水道工事の会社が出来て、
チラシが入っていたので何かあればお願いしようと思います。

熱流体解析と石油の話

最近起こっている武力紛争の原因が、天然資源(石油)だといわれています。
アンゴラ・コロンビア・コンゴ共和国・モロッコ・スーダンで起こっています。
最近では、天然資源(石油)に代わる物も見つかっていますので
人間の生活や暮らしにも良い影響が出てくるのではと思っています。
こんな事を授業で習っていますが難しい問題ですよね。
人間が生活する上で必ず必要な物の一つですので、世界中で仲良く使いたいですよね。
そして自分は、流体解析ソフトの勉強をしていますが違った意味で大変難しいです。
武力紛争の話題などを見ると本当、自分は幸せものだなぁって思うのですが、
また机に向かって流体解析の事を勉強し始めると
自分はなんて恵まれていないのだと感じてしまう・・・

CFJの過払い金と石油の高騰

石油やガソリンの価格が高騰したのは2004年から2008年くらいだったかと思うけど、
震災後もひどかったな・・・。
車がないと生活できない地域に住んでいるから、ちょっとした引きこもりになった。
車の購入や生活のためにカードキャッシングを利用していたけど、
震災をきっかけに、借金を早くなくして貯金しなきゃと思うようになった。
特に大きかった新生フィナンシャルの返済は昨年終わり、過払い金もCFJが一番多かった。
これで他に残ったローンを完済し、貯金までできるようになったんです。

道案内の看板で便利なものは

私の家は郊外にあり、温泉も引いているので、
週末になると家族の友人たちが遊びにくることが多い。
車で来る人が多いので、自作の地図をPDFにして送るようにしている。
何故かというと、このあたりはどうもナビが正確に家へ導いてくれないようだからだ。
地図作りは楽しいので、新しい店が近所に出来たりすると改訂している。
地図の一番のポイントはレトロな昭和シェル石油の看板の目印なのだが、
これは写真を撮ってきて貼り付けている。
この地図のおかげで今まで迷った人は一人もいないのだ。

 

天然資源の会社に勤める山下君のシルバーアクセサリー

天然資源を扱う会社に勤務するY君。
Y君は、この春からマレーシアに転任することとなりました。
そんなY君を心配する母のMさん。
Mさんは、Y君のお守りにと、シルバーアクセサリーを用意し、プレゼントしました。
思わぬプレゼントに号泣するY君。
天然資源が豊富なマレーシアの地で、お母さんの気持ちに応えるべく、しっかり頑張っていく決意をしました。
春になり、マレーシアに移住したY君は、元気に頑張っているそうです。

白衣外交というものがあるらしい。

キューバの事を調べているときに、知った事なのですが、
キューバという国は、教育と医療というのが、すごく進んでいる国らしいですね。
どうも自分のイメージは、カストロさんの独裁国家というイメージが強いので
すごくその事実が意外な印象をうけました。
医療に関しては、先進国とひけを取らないくらいらしく、
国民1人あたりの医師の数も十分だそうです。
そんなキューバが行っているのが、白衣外交というもの。
政府が発展途上国に医師を派遣し、その見返りに
天然資源の取付をしたり、その国との関係をいいものにしたりというものです。
この白衣外交というのは、お互いが本当にメリットがありそうですね。

ホワイトボードが欲しいなぁ

自宅で家族同士が連絡しあうのに使う程度なのだが、
手頃なサイズ、もちろん価格も手頃なホワイトボード
欲しいなぁともう今日この頃。
というのも、家族同士で何かやりとりするのに
メモ帳とか広告の裏紙とかを使っているのだが、
何かそれを用意するのが、面倒だなぁって。
んまぁ、地球環境的に言ったら(笑)資源のムダじゃないですか?
広告の裏紙とはいえ、紙を使っているわけですから!
なので、何度でも、利用可能なホワイトボードなら
ムダにもならないし、紙を用意する面倒もなくなるし!
ということで、買おうかどうか悩み中。。。

押入れの中から雛人形が

今年の冬は何か特に寒いですね!?
最近はコタツとか出すのが面倒で出してなかったのですが、
ちょっと今年は耐えられずにコタツを出しました。
そのコタツを出していると、なつかしいものを発見しました。
雛人形です。この歳になってくると、飾る機会なんてのはなくなりましたが
自分にも女の子ができたら、飾るんですかね~