自宅供養の話をきくにつけ

自分の周りではペットを飼っている人が多く、まさに家族のようです。
ペットを亡くした方の落ち込みようは、「ペットロス」という言葉では表現できないような気もします。
犬や猫、うさぎはどう考えても人間より寿命が短いので、供養は考えないといけない問題です。
それこそ人間と同じような、お別れの儀式が必要となってきますよね。
今では遺骨をペンダントや指輪に施したり、自宅供養の形式もさまざまです。
考えたくないとはいえ、少しでもダメージを減らせるようになればいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です