真性包茎手術後に修正手術が必要になることもある?よくある不安とは

包茎という言葉は良く見聞きしますが、包茎には仮性と真性があり、真性の方が重傷で治療を行うことが勧められます。
しかし術後の傷跡が残ったり色が変わったりして、手術をしてもまた別の悩みが出てきそうで不安に思い、なかなか手術に踏み切れない男性も少なくありません。

治療に踏み切るには、真性包茎とはどのようなもので、なぜ治療が勧められるのかを知ることが重要です。
そして術後の不安についてもどんな場合に修正手術をしなければいけないのかということを知っておけば、治療のための病院選びに役立つのではないでしょうか。

そこで真性包茎のことや治療、術後のことについて解説していきます。

真性包茎とはどのようなものか

男性は生まれてきた時はほとんどが真性包茎で、亀頭に皮がかぶさっている状態になっています。
それが成長する過程で、走り回ったり木登りをしたりして股間がこすれていくうちに、自然に皮が捲れて亀頭が出てきて包茎ではなくなってきます。

しかしなかには、いつまでも皮が捲れず亀頭に皮が被ったまま成長することもあるのです。
普段は包茎でも自分の手で捲れたり性交渉の時にも捲れてくるようなら、真性ではなく仮性包茎といわれるものですが、自分の手でも性交渉時にも捲れない場合は真性包茎といわれます。

真性包茎になるとめくることができないと、皮と亀頭の間にたまった垢を洗い流すことができず不潔になり、炎症を起こすこともあります。
また尿が出にくかったり性交渉をすると痛みが出てきたりするので、真性包茎の場合は病気とみなされ治療の対象となり、保険適用内での治療も可能です。
仮性包茎の場合は炎症を起こすまではいかないので、病気とはみなされず保険内で治療をすることはできません。
真性包茎が包皮の先端が非常に狭いことや、亀頭と皮が癒着していることが原因で起こります。
放置すると炎症や痛みを起こして日常生活に支障をきたすことがあるので、治療が勧められるのです。

真性包茎の治療方法とは

真性包茎を確実に治すための主な治療は手術です。
成人になるまで様子を見るため何も治療をしないことが多いのですが、思春期を過ぎた成人前など早い時期の治療が勧められます。
包茎手術を行うのは泌尿器科や形成外科、美容外科などで、手術にもいくつかの種類があり保険適用内でできるものと自由診療の手術もあります。

ただ保険適用内での手術は、余分な皮にメスを入れて亀頭を出すことだけを目的とした最低限の治療で、術後傷跡が残る可能性が高いです。
男性器として機能を戻すことだけにポイントを置き、術後の見た目まではあまり考慮されていません。
保険適用なので治療代は安く済みますが、術後の傷跡でパートナーに知られたり銭湯などに行くことがためらわれて悩むことも少なくありません。

美容外科や形成外科で行われる治療なら自由診療となるので費用は掛かりますが、術後の傷跡が目立ちにくい「亀頭下環状切開法」や「亀頭直下埋没法」などを用いた手術をしてもらうことができます。

しかし、保険適用内の治療にしても保険適用外で傷跡がわかりにくい治療をするにしても実際にしてみないと術後どうなるかわかりません。
そのため不安を抱いてなかなか包茎手術に踏み切れないこともよくあるといわれています。

術後の修正手術について

保険適用内で行われる治療は、「環状切開術」という手術です。
環状切開術とは亀頭の1cmから2cm下にぐるりと縫った跡が残り、さらに傷跡を境にピンクと茶色のツートンカラーになる可能性があります。
陰茎の根元の色が濃い人ほどツートンカラーになりやすいといわれますが、ツートンカラーになりたくない場合は亀頭直下埋没法という方法での治療が勧められます。
亀頭直下埋没法は亀頭のすぐ下を縫うので傷が隠れるとともに色の境目もわかりにくいからです。

環状切開術でツートンカラーになった場合には修正手術をすることはできますが、泌尿器科の保険適用内で手術を受けた場合は対応してもらえる可能性は低いです。
修正手術を希望するなら自由診療のクリニックに行く必要があります。
自由診療のクリニックなら、切開すせずにアートメイクを施して色を合わせるという方法で修正できるので痛い思いをすることはありません。

傷跡が目立って修正をしてもらいたい場合も、自由診療のクリニックならほぼ目立たないように修正できます。
術後亀頭の裏側が晴れたような状態でなかなか治らない場合も、バランスよくなるように修正することは可能です。
ただいずれも泌尿器科では修正できず、自由診療のクリニックに行く必要があります。

まとめ

真性包茎は皮と亀頭の間に春日たまって炎症を起こしたり、様々なシーンで痛みを生じることがあり日常生活に支障をきたすため保険適用での治療が可能です。
しかし保険適用内の手術だと機能の回復だけが目的なので、ツートンカラーになったり傷跡が残るなど見た目まで考慮されず、包茎は治っても別の悩みができることもあるのです。

自由診療で費用は高くなりますが、形成外科や美容クリニックで真性包茎の治療に豊富な実績がある病院なら、術後の傷跡やツートンカラーに悩むことがなく見た目もきれいに手術をしてもらうことができます。
修正手術も必要がないので、できれば初めから包茎手術を専門に行う自由診療の病院に行くことが勧められます。